FC2ブログ
トキワ、シュウマツドリ
創作置き場
最終破壊兵器・EVE


澄んだ空、満月。水晶のようです。要塞の最上部に佇む、月光を反射して輝く鉄塊。趣深いですね、と信号は正常な反応を示す。
最終破壊兵器・EVE068。一度起動すれば、三夜で世界を滅ぼす。三日三晩で大地を焼き尽くし、空を堕とす。ヒトの形をした、滅亡のスイッチ。「彼女」は、自身を「人間」だと主張する。
だって、この鉄の肌の下に張り巡らされた電子回路は、血管のように脈打っているもの!搭載された人工知能は、複雑な思考を可能にしているもの!大陸を一つ吹き飛ばした失敗作ーー「ADAM」に欠落していた「感情」だって、私には搭載されているもの!
喜び、悲しみ、怒る。どこをどう見たって、人間以外の何者でもないでしょう!けれども、ね。博士は私をヒトでないと言うのよ。
彼女は怒る。正常な反応だ。頑なにヒトと認めたがらない意地悪な老人は、軽蔑するような目で彼女を見る。
確かに、肌は鉄だし、所々尖っているし、普通の女の子のように可愛いわけでもないけれど……でも、見た目なんて関係ないのよ。彼女は悲しい。正常な反応を示す。

ラピスラズリのテーブルに、ダイアモンドをばら撒いたような空です。けたたましい電子音が、要塞の最上部に鳴り響く。内蔵された時計は、残り一分のカウントダウンを始める。
静まり返った空間で、彼女は全身に月光を浴びて輝く。きっと、私の人生の中で今が一番輝いているんでしょうね。
あと三十秒で、全てが終わり、全てが始まる。私は新しい私になり、新しい人生が始まる。少し、怖い。正常な反応を示す。
残り十秒を刻む。その時。

ああ、私はやっと、今、ヒトになったわ。
この鉄塊は、今、本当の、人間になったのよ!

それは、流星のような一瞬。視界の端に映るのは、少年、そして銃口。ジルコンの瞳が、後ろの月光を受けて煌めいた。
電子回路が激しく脈動する。「error」。初めての表記。人工知能が思考を拒む。それを突破して、辿り着いたその先の感情は何?
この胸のときめきは、何?

鉄塊は、「プログラムされた可能性」を超えた。それは、鉄塊が人間になった瞬間であり、彼女の人生の終わり。
ゼロ秒が刻まれ、全身の電子回路の信号が彼女の心臓へと達する、その前に、それは彼女の心臓をーー心を貫いた。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

[2016/11/20 21:43] | 小話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<美しいひとの話 | ホーム | -1- アレキサンド・ライト!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blacktime777.blog.fc2.com/tb.php/324-0c62f4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

砂糖娘 

Author:砂糖娘 
ツイッター→@IchiMiya131
気の向くまま、なんかのろのろ更新してます。
純愛もドロドロも好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
3048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
714位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR